沿革

基础化学 教案

2015年 協和ファーマケミカル株式会社に社名変更
2013年 協和発酵キリン株式会社の医薬品原薬の製造工場(22 工場)建設
2012年 協和発酵キリン株式会社の医薬品原薬の製造工場(21 工場)建設
2011年 トラネキサム酸製造工場建設
2009年 包材管理棟建設
2008年 パンテノールのCEP取得
光学活性パントラクトンの製法に関して、「文部科学大臣表彰 科学技術賞」
および「井上春成賞」を受賞
協和発酵バイオ株式会社の完全子会社となる
2007年 新医薬品原薬工場建設
協和発酵工業株式会社の完全子会社となる
2005年 リポソーム化粧品原料パナソームCoQ10 発売
2003年 中国蘇州市に完全出資子会社「第一維生素(蘇州)有限公司」を設立
体外診断薬“MMP-3 測定法”に関して、「井上春成賞」受賞
「優良危険物関係事務所」として消防長官賞を受賞
2002年 第一製薬株式会社の完全子会社になる
2001年 第一製薬株式会社および第一化成品株式会社と営業譲渡契約を締結し、
第一ファインケミカル株式会社に社名変更
光学活性パントラクトンの製法に関して、「日本化学会 化学技術賞」受賞
2000年 抗菌剤中間体製造工場増設
1999年 光学活性パントラクトンの新製造プラント工場建設
ISO14001 認証取得
1998年 消化器官用剤原薬製造工場建設
1997年 事務管理棟建設
生産管理部物流新ラック倉庫建設
流動層内蔵型スプレードライヤー設備建設
1996年 抗菌剤中間体製造工場建設
1995年 品質管理棟を建設
ボイラー30t/h 設置
1992年 新技術研究棟を建設
1989年 技術センター建設
1988年 自家発電所を建設
1987年 動物薬製剤工場を建設
肝機能診断薬製造認可
1984年 ブラシノライドの大量合成に成功
1974年 第一製薬株式会社と資本および技術提携
1971年 本社を高岡工場に移転
プロスタグランジンの合成に成功
1964年 高岡市長慶寺に高岡工場を設置
1959年 パントテン酸カルシウムの製造開始
1951年 富士薬品工業株式会社に改組
1949年 アミノ安息香酸およびそのエチルエステルの製造開始
1948年 ㎗-塩酸メチルエフェドリンの製造開始
1946年 高岡市大工町に富士薬品工業社を創立、塩酸プロカインの製造開始